肉のくすの木 氷温熟成牛肉、豚肉

美味しいお肉と手作り惣菜、自家製ドイツソーセージのお店

Copyright 2012 "Kusunoki" All rights reserved.
Home自家製ハム・ソーセージ腸詰各種

contents topic腸詰各種


荒挽きウィンナー
IFFA2016 金賞受賞商品
256_3.jpg
鈴鹿豚を使って作った荒挽きのツブを練りこんだ腸詰。
今やウィンナーの定番ともいえる商品です。
グリル、ボイル、お鍋やポトフの具など使い方は様々!
肉の食感、ジューシーな肉汁、スモークとスパイスの風味をお楽しみください。



ブラートヴルスト

256_1.jpg

ノンスモークタイプの焼いて食べるソーセージ。 マジョラム、オレガノを効かせ、独特の風味ながらも食べやすい味に仕上げてあります。
何も付けずにそのまま食べてもパンに挟んでも美味しい腸詰です。


256_2.jpg肉のくすの木で催事に参加する際、店頭にて売っているのがこのブラートヴルストです。
催事向けのものは太いフランクタイプになっております。
いつもご好評をいただいている商品です、是非お試しください。

カリーヴルストはいかがですか?
256_8.jpg
ドイツの代表的な軽食で、いろいろなところで食べることができます。
焼いたブラートヴルストの上に、カレー粉で風味をつけたケチャップをかけるだけ!
フライドポテトやザワークラウト(キャベツの酢漬け)を盛り付ければ
本格派カリーヴルストの完成!
パンにもごはんにも合う一品です。





バーベキューウィンナー

ノンスモークタイプのバーベキュー向けソーセージ
モッツァレラチーズにブラックペッパーの入った「ペッパー&チーズ」
香ばしい風味の「ガーリック」がございます。





絹挽きウィンナー
IFFA2016 銀賞受賞商品
256_4.jpg
ソーセージの本場ドイツの製法で作った牛肉と豚肉の入った滑らかな食感の腸詰です。
ドイツでもっともポピュラーなスタイルの腸詰になります。 ブナのスモークの香りと優しいスパイスの風味が口の中に広がります。
爆ぜやすい腸詰なので、ボイルにはコツがあります。




フランクフルター

256_6.jpg

ウインナーが牛肉と豚肉を使うのに対し フランクフルターは豚肉のみで作る滑らかな食感の腸詰です。
ボイルして美味しく食べていただけます。



ミュンヘナーヴァイスヴルスト&ヴァイスヴルスト
IFFA2016 金賞受賞商品
256_5.jpg

ミュンヘン地方名物の白い腸詰です。
白い見た目とは裏腹に濃厚な味とレモンやパセリのさわやかな風味が特徴。
お湯でじっくり茹でて、白い器に入れるとより本場流になります。
ひときわ太い豚腸入りのミュンヘナーヴァイスヴルストは外の皮を剥いて、
ヴァイスヴルストは皮は剥かずにそのまま頂きます。




ガーリックウィンナー

ニンニクの風味が香ばしいスモークタイプの腸詰です。 荒挽きのつぶが入っていて、食感にこだわる日本人好みのウィンナーです。
ビールのおつまみやバーベキューのお供にいかがですか。





チーズウィンナー

256_7.jpg

ドイツ版モッツァレラチーズであるステッペンチーズとハーブが入った
サラミタイプの腸詰です。
お口の中で、風味豊かなチーズとハーブの絡み合った風味が癖になる一品。
しっかりした食感とスモークの香りも良いアクセントです。
チーズが溶け出さず、皮がはじけないようボイルまたはグリルしましょう。





自家製チョリソー

ピリっとした辛さが特徴の、サラミタイプの腸詰です。
パプリカとカイエンヌペッパーを効かせた風味と辛さで
ビールがすすむ味わいになっております。




カバノッシー

256_9.jpg

牛の赤身の生地に荒目の豚肉を練りこんだ、サラミタイプの腸詰です。
非常にスパイシーで歯ごたえもある、大人向けの腸詰になります。
ドイツのデゥンケルビールやボックビールのような
風味の強いビールに負けないフレーバーを持った腸詰です。

太い腸詰を輪切りにして、油を引かずにフライパンでソテーします。
太い腸詰の焼き方のコツ

カバノッシーのような太い腸詰は中心まで加熱するのが難しいので
一手間加えた調理法を行います。

256_10.jpg

フライパンで直接お湯を沸かし、その中に腸詰を入れ5分~7分程度茹でます。

256_11.jpg

茹で終わったらフライパンの中のお湯を捨て、そのまま腸詰を焼きます。
腸詰の表面に軽く焼き目が付いたら完成です♪